DOLK×NO.S PROJECTドール用パニエ『プレミアムボルドー』

投稿日:

幅広い種類のドールの企画、販売を手がけておられるDOLK様と再びコラボレーションさせて頂きました。
以前のコラボレーションでは約11㎝の小さな小さな手のひらサイズの可愛らしい『Brownie』。

今回の話もそのレベルのサイズかっ!?と、一瞬背筋がヒヤリとしました。が、
そこは沢山のお人形をお取り扱いのDOLK様。お人形はだいぶ成長しまして今回は60㎝!

商品ページはこちらですhttp://dolk.jp/detail.php?id=85060

製作日程の都合等、大人の事情で今回は「パニエ」の製作のみとなりました。
「パニエ」ならばNO.S PROJECTで人気のカラー『プレミアムボルドーを!』と着用したドール見たさの下心から、なかば強引にオススメ致しました次第でございます。

60㎝のドールは6頭身なのですが、上半身と下半身の割合がおおよそ2.2対3.8。
少し分かりずらいのですが、頭と胴がほぼ同じ長さ。残りは脚と言うバランスです!
すらりと長い脚にはパニエがよく映えることだろうと、ウハウハしながらスタッフの士気が高まります。

開発中の画像

人間のお洋服の型紙をただ単純に小さくすればドールサイズになるわけではありません。
人間には人間のバランスがあるように、ドールにもドールのバランス、個性があります。

ドールに合わせたドールならではのデザインバランス、仕様を考えます。
全体のスカート丈は膝が隠れるくらいの清楚な丈に、ボリュームは「本気パニエ」と同等に!を目標にスタートいたしました。

フリルの幅は狭く小さい方が可愛らしい印象になりますが、ボリュームが抑えられてしまいます。野暮ったくならず、ふわりとフリルが広がるギリギリの幅になるように裾フリルの調整を重ねました。

 

膨らみを持たせるためのギャザー分量も5倍、4倍、3倍と試行錯誤して、理想のシルエットを保ちつつドールサイズに落とし込みました。
同じ生地でも人間サイズとドールサイズとでは生地の張り感、落ち具合が異なります。
フリル分量、ボリューム感は変えずにドールサイズに合った生地選びをしていくのは生地に永く携わってきたからこその勘とヒラメキ。

商品ページはこちらですhttp://dolk.jp/detail.php?id=85060

 

きらきらと細かい光を反射する3.5mのオーガンジを2本、合計7mの裾フリルが1着分のパニエに収まります。

ハリの少ないシフォンにフリルを縫い付けることで、小さなドールの足回りに沿うたっぷりのフリルが実現しました。

ウエストパーツは人間サイズと同様にゴムのシャーリングを活かしたぷりぷりと可愛らしい仕様に。

人間サイズと比べると格段に小さいので一つ一つの工程はコンパクトになりますが、手元がフリルに覆われ視界が遮られてしまうので慎重に作業を進めます。
そして出来上がった「ドール用パニエ」!!

本気パニエと同じ、花束のラッピングにてお届けします。
どうぞご堪能くださいませ。

商品ページはこちらですhttp://dolk.jp/detail.php?id=85060

こちらは本気パニエのノーカット動画を臨場感たっぷりにご紹介! 3分で本気パニエの制作工程が全部分かります!

-未分類

Copyright© NO.S PROJECT , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.