開発・制作中のアトリエ風景

大公開!本気パニエの作り方[後編]

投稿日:

お待たせいたしました!
企業秘密を大公開!!本気パニエの作り方[後編]です。
◆本気パニエ:http://shop.nos-project.jp/fs/line/gd423

今回であなたのオリジナル本気パニエが出来上がります。

では、早速始めましょう!

まず、下準備の確認から。
前回の下準備は完了されましたでしょうか。

材料を揃え、下準備を済まされた方は、
サテン生地で出来たウエストパーツ
メローロックがかかったオーバースカート
1周4mのフリルが2枚
1周4mの裏地が2枚

以上のものが揃っていればOKです。

今日はいよいよパニエの形に作っていきます。

ここからの作業はすべて「縫い目を合わせる」が基本となります。

1周約4mのフリルの輪を、1周4mの裏地に縫い付けていきましょう。

何ヵ所かを洗濯ばさみなどを使って、留めておくと均等に縫い付けることが出来ます。

裏地にフリルを縫い付けていきます(左)
ギャザーの分量が多いので、裏地を縫い込まないよう注意してください。
ギャザーを寄せたミシン目の上を縫っていくときれいなフリルになります(真ん中)
ぐるっと1周縫い合わせます。
縫い合わせたフリルを表から見ると、こんな感じになります(右)

次は縫い合わせたところにロック処理をするのですが、ギャザー分量が多くロックミシンがかけにくいので、ギャザーの縫い目と生地の端の中間あたりに1本ミシンをかけます(左・真ん中)

中間のミシンをかけ終わったらロックミシンをかけていきます(右)
※ロックミシンは、メローロックに調整していますので、オーバーロックに戻してくださいね。

ロックミシンをかけるとき(左)裏地をかまないように右手の人差し指で下側にある裏地を伸ばす感じで、注意深くかけていきます(真ん中)
かけ終わるとこのような感じに(右)なります。

1周4mの裏地にフリルがつきました。
ロック処理をした側が向かい合うように合わせます(上左)
さらにその外側にオーバースカート部分を重ね、3枚合わせたもの(上右)を揃えて1cmのところを縫って(下左)ロックミシンをかける(下真ん中)と、出来上がり(下右)です。

ここまで来ればゴールは見えてきました。

大きなフリルの輪の両端を持って、端を合わせて置いてみると2mのフリルの帯になりました(左)真ん中にちょこんと見えているのはウエストパーツです。
ウエストパーツに本体を合体させるには、4mの縫い合わせ部分を1mになるまでギャザーを寄せます(右)

それでは最後のギャザーを寄せていきましょう!

4倍のギャザーです(左)アップはこんな感じ(真ん中)です。
縫い終わりました(右)かなりのボリュームになるので、ミシンの周りは片付けてから挑みましょう!

さて、いよいよ最後、本体とウエストパーツの合体です。

サテンを縫い込まないように、目打ちを使って慎重に(左)
上から見るとこんなボリューム(真ん中)
合体完了!!(右)

あと一息。
合体部分のロック処理が終われば完成です。

下になるサテンを縫い込まないよう慎重にゆっくりかけていきます(左)
反対側から見るとフリルのかたまり(真ん中)

自力で作る本気パニエ、いかがでしたでしょうか。
挑戦された方、本当にお疲れさまでした!!

「マイ本気パニエ」に挑戦された方、上手に完成した方は、是非NO.S PROJECTまでご一報願います。
お住まいの地域にもよりますが、店長と工場長がスカウトにお伺いするかも知れません。
よろしくお願い致します。

こんなの作れないわ!そんなあなたにはコチラでパニエをお求め頂けます♪
◆本気パニエ ブラック・ホワイト
◆本気パニエ プレミアムボルドー

YouTube動画『本気パニエの作り方』では、実際にアトリエで製作している風景を解説付きでご紹介しています。
▼Youtube動画
https://www.youtube.com/watch?v=BscyYR7AIgE

さて、最後にお願いがあります。
生地の入手方法や、作り方についてのご質問等にはお答えする事が出来ませんので、
何卒ご了承頂きます様お願い致します。

◆NO.S PROJECTパニエの秘密:http://nos-project.jp/archives/8200

◆本気パニエの作り方[前編]:http://nos-project.jp/archives/7960

◆本気パニエの作り方[後編]:http://nos-project.jp/archives/8086

-開発・制作中のアトリエ風景

Copyright© NO.S PROJECT , 2017 All Rights Reserved.