『NO.S PROJECTからの挑戦状 2017』
Mission:あなたの”ノスプロカルテ”を完成せよ!

今年もやって参りましたこの季節。そう、『NO.S PROJECTからの挑戦状』

2月にお届けした

『NO.S PROJECTからの挑戦状 ハードモード』Mission:自力で作るマイ本気パニエ

挑戦された方はいらっしゃいますでしょうか?
過去2年の挑戦状にトライされた、皆勤賞を狙うお客様の中には、「今年の挑戦状、ハードルが高すぎる・・・!」といったコメントも頂きました。
ご安心ください。ハードモードは余興です。本番は3月。

さて、今年の挑戦状を発表します!

『NO.S PROJECTからの挑戦状 2017』Mission:あなたの”ノスプロカルテ”を完成せよ!

教えて下さい!あなたの事。今年の挑戦状のテーマは『あなたと創るNO.S PROJECT』
NO.S PROJECTのお洋服をさらにあなたの理想のシルエットに近づける。私たちの使命の一つは、あなたの魅力を最大限に惹き立てること。
私たちのお届けするお洋服をお召しになるあなたの事を、出来るだけ細かく知ることで、
NO.S PROJECTのお客様のためだけのステキなカタチを完成させます。
あなたの声がNO.S PROJECTの形になります。

あなたのすべてを教えてください。

あなたの魅力を最大限に惹き立てるのがNO.S PROJECTのお洋服。
バストを高く、ウエストがくびれ、ヒップで持ち上がる、女性らしいラインを美しく魅せるシルエット。
 NO.S PROJECTの魔法のヒミツは、洋服にボディが入ることで立体的な美しさを完成させる、完璧なパターンワーク。 

そこで、今年の挑戦状はあなたのパーソナルデータをお伺いさせて頂き、
あなただけの“ノスプロカルテ”の完成を目指して頂きます。

なぜ、こんなプライベートなことを聞くのだろう。
そう思われる方もいらっしゃるかと思います。

ただの興味本位ではございません。
挑戦状の一つ一つの質問が、開発に直結する重要な意味があります

今回の挑戦状を基に、「NO.S PROJECTボディ」を完成させます。
◆NO.S PROJECTの基本となるベースボディサイズの決定
◆各シリーズサイズ展開のサイズピッチの決定

これにより、挑戦状に参加されたお客様にはこんな特典がございます。

  1. 自分のボディサイズの正確な把握。
  2. NO.S PROJECTのお洋服が、あなたのサイズに近づく可能性。
  3. Missionを達成された方には、

開発プロジェクトに参加頂いた謝礼として、3000円分のクーポンを進呈。

 

 

男性もモチロン参加OKですよ!
(サイズについての質問は、お召しになる方の性別とボディサイズをご記入下さい。)

太っている私の寸法なんて開発には要らないに違いない….
そんなことはありません!
決定したベースサイズを基にNO.S PROJECTのMサイズを作りますが、
そのMサイズをベースにサイズピッチを決定する上で重要なデ―タとなります。

たとえば、運命のシリーズのラインが好きな人は
「身長に関わらず、バストとヒップが大きめのグラマラスな体型の方が多い」という傾向が読み取れるのであれば、
このデザインのブラウスはLサイズのバスト寸法のピッチを大きめに。
バストがある方は肩回り・二の腕周りにも肉付きがある方が多いため、
二の腕周りのゆとり量をやや多めに設計しよう、といったように。

NO.S PROJECTのお客様お一人お一人のデータが集まって、
NO.S PROJECTのお客様のための新作開発を行っていきます。

ですから、正確な寸法を記載して頂くことが大前提となります。
NO.S PROJECTを信じて、あなたのことを教えて頂けませんか。
さぁ、挑戦する心の準備はOK?

 

◆準備するもの

・メジャー
・自分と向き合う素直な気持ち
【ノスプロ講座7】サイズ・ゆとり量・採寸について
※ボディデータ採寸の際は、下着を付けた状態で測ってください。

◆回答方法

・NO.S PROJECT会員ページに挑戦状の問題が記載されています。
・すでに会員の方は、会員ページに入って頂き、会員登録情報をご覧ください。挑戦状の問題が掲載されています。
・会員登録がお済みでない方は会員登録から開始してください。

◆挑戦状のクリア条件

・すべての項目に回答すること
・選択肢は「未回答」ボタン以外を選択しないと回答には含まれません。
・3/27(月)23:59までが回答締切です。期間内でしたら、回答内容の変更はOKです。
・メールマガジン受信設定をONにすること
(挑戦状をクリアされても、クーポンの「合言葉」をお知らせすることが出来ません)
例えば、身長10cmなど、人間では有り得ない寸法を回答した場合は、残念ながら失格とさせて頂きます。

NO.S PROJECTの開発に関わりたい!

その人の真っ直ぐな気持ちと正確なパーソナルデータをお知らせ頂いた功労に対して、
挑戦状を達成された方だけに謝礼をお贈りさせて頂きます。
ひとりでも多くの方に参加頂きたいと願っております。
ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

挑戦状への挑戦はコチラから→【NO.S PROJECT 会員登録ページ】

 

≪ 今回の挑戦状実施の背景 ≫

今、私たちの周りには、沢山のアパレルブランドがあります。
多くのアパレルがJISサイズに基づいて、ブランドごとの「ベースサイズ」を設定しています。
それを基にお洋服を作っているので、こんなにも、ブランド毎にシルエットや着心地が異なる訳ですね。

JIS(日本工業規格)で定められた寸法表

 肩幅バストウエストヒップ背丈袖丈股上股下
7号37.58061893853.526.565
9号(標準)3883649138.5542766
11号38.58667933954.527.567

 

 これはJISがデータをとってまとめたヌード寸法の表です。 

自分のボディバランスがこのデータに近いのであれば、大抵の場合は違和感なく着用できます。
平成9年に改正されたJISサイズ。
平成9年ですよ?!20年前の数値ですよ!

これを基にしていたのでは、現代の若い人のためのボディラインを美しく魅せるシルエットにはならないわけです。
ちなみに、このJISサイズ改正時にどこの寸法が変わったかというと、

 「身長+2cm、股下+1~2cm、ウエスト+1cm、ヒップ+2cm」
簡単にいうと、スタイルが良くなっている。 
欧米人のスタイルに近づいているということです。

食生活でこんなにもスタイルが変わるなんて恐ろしいですね。

もう一度言いますが、これは平成9年の成人女性のデータでの話です。
つまり、20年経った現代の若い人は、さらに身長が伸び、
スタイルが良くなっている可能性が非常に高いということです。

さらに面白いことに、JISサイズの平成9年のデータとそれ以前では、バスト寸法が変わっていませんが、
これは単純にバスト寸法だけで見た数字。

昔よりも今の人の方が胸のカップサイズが大きくなっていることが、ワコールの統計で証明されています。
1980年代ごろは平均がAカップだったものが、徐々にサイズアップし、
平成25年のデータでは「少し小さめのCカップ」 Cカップ寄りのB~Cカップになっています。

つまり、バストトップの寸法の平均はここ何十年変わらない数字でも、
今の若い人の方が胸が前にせり出している、スタイルが良くなっているということです。
つい熱くなってしまいました・・・
アパレル業界に身を置いていると、ボディサイズという本来とてもプライベートなことをガンガンに突っ込んで追求していくのが当たり前の世界なので、つい感覚が麻痺しがちですね。

現在は、NO.S PROJECTもJISサイズをもとにベースサイズの決定、サイズ展開をしています。
ですが、NO.S PROJECTのサイズは、今、お客様でいて下さる方に合わせるべき。
という結論に至りました。

NO.S PROJECTのお洋服をお求め頂く
「あなた」の魅力を最大限引き出すためのプロジェクトです。是非、ご参加下さい!!