SHOP NEWS 開発・制作中のアトリエ風景

夏を先取る前に!時代でみる「水着」デザイン

投稿日:

この春から、NO.S PROJECTの制作チームに30年以上のキャリアを持つ 水着専門のベテランパタンナーMakotoさん が参加する事になりました!
1980年代後半から水着を作り続けてきた人で、とても素敵なお姉様です。

NO.S PROJECTがお届けする究極のスタイルアップ水着の開発は、彼女なしでは実現しませんでした!
 夏の新作は念願の水着!! !まずはこの記事を最後までお楽しみ下さい**

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 さて、あなたはどんな水着を持っていますか? 

 

水着デザイナーMakotoさんが語ってくれた「水着の移り変わり」のお話が
とても面白かったので、80年代から現在までの水着トレンドをここでちょっとご紹介。
 水着にも「流行」と「時代」が現れています。 

 

85年〜90年代  BEST3

1985年ごろから90年代、その頃は、夏といえば海!そして水着!バブル!!
夏になるとみんなで水着を買いに行き、気に入ったものがあれば2着ー3着買う!
すごい人はビーチ用、プール用、彼氏用、友達用、などで変えていたとか。
噂には聞きますが、すごい時代ですね(笑

 

ダントツの1番人気はワンピースにパレオ

 

何十種類ものプリント柄のワンピース水着にパレオがセットされたもの。
パレオはフリルのついたショート丈のものや、大判で巻き方次第でワンピースになったりロングスカートになったりするタイプなど様々。
プリント柄の主流はハイビスカスや薔薇。
ある時期、あまりにも薔薇柄が人気で、種類も多かったのでネーミングにも一苦労。
苦し紛れに名付けた「ローズローズ」が一番売れたそうです。

 

挑戦的なモノキニタイプ

前から見たらワンピース。だけど、ウエストラインが少しだけ覗く。
後ろから見たらビキニ。
流れ的にはこの後主流になるビキニの前段階デザインですね。
いきなりは恥ずかしいから、まずは後ろ姿だけ。ビールのポスターで採用されていたので、覚えている人も多いかも。

 

可愛いさを追求した3段フリル


伸縮性のないシャツやブラウスに使われる普通の生地(布帛)で作った水着。
ボディはシャーリングでフィットさせ、フリルをたっぷり使ったふりっふりっの可愛いデザイン。
ギンガムチェックやフラワープリントとかで作られ、可愛い系の女の子たちに人気でした。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

2000年-2010年 5type

小麦色の肌は長い間人気でしたが、時代は「美白」を叫び始めます。
サンオイルから日焼け止めに変わりましたが、水着の露出度は反対に上がり、ビキニが定番になりました。
水着だけではなく、サングラス、アンクレット、ネイル、サンダルも様々な種類のものが出揃い夏の売り場はとてもカラフル。

 

3角ビキニと呼ばれたトライアングルタイプ


素材が多様になり、ナチュラルに着れるデザイン。
ボトムはローライズでサイドにリボンがついているタイプが多かったそう。
脇布が無く基本的にヒモの力で着るタイプなので、スタイルアップ効果を期待できない分、スタイルに自信のある人におススメのビキニ。

 

より体にフィットするホルターネックタイプ


アンダーバストをしっかり固定、ホールド力が増して安定のバストラインをキープ。
ギャザーやダーツなどの仕様でバストを立体的にメイキング。

 

肩紐を取り外して着れるバンドュー・チューブトップタイプ


ストラップの日焼けあとは残さないけれど、バストラインをキレイ見せるタイプではなかったそう。
今はワイヤーを入れてホールド力を上げ、見え方はチューブトップだけどワイヤー内蔵のデザインも多い。

 

何といっても一番人気!着るだけでぼんきゅっぼんを実現するワイヤータイプ


ワイヤーでしっかり胸を支え、キレイな谷間を生み出すことが出来る。
カップで形づくられて、パッドで調節出来るため、思いのままのバストラインが作れる。
スタイルアップ効果の期待が大きい、今につながる主流のタイプ。

 

最後は、攻撃的な4タイプに対抗した4点セット


ビキニにカバーアップとショートパンツがセットになったタイプ。
泳ぐこともできるし、水辺でも遊べる感じ。
若いママたちにも大人気のデザイン。
子供たちを連れて「海やプールに行くことになっちゃったから買う」そんな需要にもこたえたタイプ。
もちろん今でも大人気。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

最新のトレンドは胸元にたっぷりのラッフルフリル。
お花がブラにもショーツにもたくさんついたものやオフショルダー、アンダーバストで生地をクロスさせたデザインなどなど、
ベースはスタイルアップ効果の高いワイヤータイプのビキニが多い感じですね。

さらにパレオやTバックショーツを自由に組み合わせ、ビーチタオルも同じ柄で、なんてのもあります。

昔に比べれば水着を着る機会も減ってきました。
Makotoさんによると、水着の生産量は全盛期の半分以下位に減ってしまっているとのこと。

そういえば私も、3年前に沖縄に行くことが決まって、パレオのついたビキニを買ったきり。
そのあとは、着る機会もなくクローゼットの隅にしまってあります。

母の世代の人とこの話をした時に言われた一言。
「着れるときにたくさん着た方が良いよ。いつまでも着れるものじゃないから」
なるほど。
これからを考えると、今日が人生で一番若くてキレイなはず(笑)

その「今」を最大限に楽しむ水着、作ってしまいましたよ!!

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 ついに登場「NO.S PROJECTの水着 

 

 「セクシーを極めた大人セーラー」 

 

とことん拘ったスタイルアップ効果を少しだけご紹介

まずは バスト  ワイヤータイプのキレイなカタチのカップは、パッドホルダー内蔵で思いのままの谷間を作ります。

 

ここ大事! ウエストライン  トップとアンダーが創り出すラインが曲線のため、ウエストラインのくびれをこれでもかと強調。

 

次は   脚を一番キレイに魅せるギリギリのラインにポイントを置くことで、長く細い脚を実現。

 

そして 背中  翻ったセーラーカラーの下は、ストラップに邪魔されない背中はこれ以上ないくらいセクシー。

 

最後は 究極の隠しワザ  風に翻ったスカートから覗く遊び心満載の手書き風ボーダーは、どんなポーズも可愛く決めます。

 

スタイルに自信のある方はもちろん、スタイルに対する自信が控えめな方も、堂々とお召し頂けるそんな水着です。

NO.S PROJECTならではの「ボディラインに魔法をかける水着」試してみませんか♪

いよいよ金曜日の18時お披露目です。

 さあ!今年は水辺へ出かけ、今この瞬間のキレイを見せびらかしましょう! 

-SHOP NEWS, 開発・制作中のアトリエ風景

Copyright© NO.S PROJECT , 2017 All Rights Reserved.